北海道自然史研究会

北海道自然史研究会

お問い合わせ

自然史研究DB


こちらでは、北海道自然史研究会が取り組んでいる「北海道の自然史研究アーカイヴづくり」について紹介します。

北海道内の自然史研究情報を集積する!データベース・アーカイヴづくり

 現在、各方面において、学術論文や各種調査報告などを研究者や市民が利活用しやすくするために、電子化してインターネット上での検索が容易な形でアーカイヴ(書庫)に格納されることが多くなっています。
 しかし、北海道内の自然環境に関する報告で、このような形になっているものは非常に限られているのが現状です(参照:北海道内の研究報告誌リスト)。これは、道内の市町村立博物館・郷土館においては、地域の自然環境に関する貴重な研究が行なわれ、研究報告等で発表がなされているにも関わらず、各館単体ではこれらの論文を電子化しウェブ上のデータベースに格納するための費用や労力が十分確保できないことに主な要因があると考えています。


 北海道自然史研究会では、道内各館の学芸員が連携し、アーカイヴ化の作業を効率的に進めることで、北海道の自然史研究をより発展させていきたいと考えています。ウェブでまとめて公開することで、情報の確認や利用もしやすくなると考えています。
 また、博物館関係だけでなく、市民団体や高校生物部などでの取り組みも含め広く自然に関する情報を整理して、ウェブ上で活用しやすくするとともに、研究者間での交流につなげたいと思います。このような取り組みに賛同いただき、参加したい研究報告・論文集・報告書・会報などがありましたら、お知らせください( 進め方参照、連絡先⇒事務局 )。


 今回の取り組みを進めるに当たっては、以下のことに配慮して行ないます。


  ①論文著作権所有者に許諾を得、権利に十分配慮すること。
  ②電子化したファイルは著作権者・発行元を明示すること。
  ③電子化したファイルは閲覧者に無償提供し、営利に用いないこと。
  ④電子化・アーカイヴへの格納の費用については研究会で負担するものとすること。


 ※本取り組みは、秋山記念生命科学振興財団および北海道新聞野生生物基金の2010年度の助成を受けて実施しています。

研究報告タイトル
ISSN
発行者 出版
年月
最新 掲載数 判型 入手方法
担当者
生物研究集録
旭川西高校生物部 1950~1985 27号260
野鳥だより
北海道野鳥愛護会 170号0
SYLVICOLA(シルビコーラ)
釧路昆虫同好会 1983~2012 30号357 B5
野幌研究
1347-2496
野幌研究会 2002~2003 2号0 B5
北海道自然保護協会会報
北海道自然保護協会 158号356 B5
北海道自然保護協会会誌「北海道の自然」
北海道自然保護協会 1982~現在 51号568
北方山草
北方山草会 1980年~現在 30号44 B5 ウェブから問い合わせ
新田さん
菩多尼訶(ボタニカ)
1347-3336
北海道植物友の会 1986年~現在 30号167 B5 ウェブから問い合わせ
渡辺(修)
調査館通信
さっぽろ自然調査館 1997年~現在 37号44 B5 ウェブから問い合わせ
渡辺(修)
層雲峡ビジターセンター研究報告(層雲峡博物館研究報告)
大雪山国立公園 層雲峡ビジターセンター 1981~2001~2007 27号99
知床博物館研究報告(しれとこ資料館報告)
0387-8716
斜里町立知床博物館 1979~現在 35集84 B5 ウェブで公開中(非売品)
内田学芸員
北見郷土博物館紀要
北網圏北見文化センター 1971~1985 15集0
標茶町郷土館報告
1882-7322
標茶町郷土館 1985~現在 25号0
釧路市立博物館紀要(釧路市立郷土博物館紀要)
0912-1897
釧路市立博物館 1972~1983~現在 34号162 A4
針生学芸員
上士幌町ひがし大雪博物館研究報告(ひがし大雪博物館館報~4号)
0915-5074
ひがし大雪自然館(上士幌ひがし大雪博物館) 1975~1980~現在 35号160 B5 博物館窓口へ(電話01564-4-2323)
須田学芸員
帯広百年記念館紀要
0289-8179
帯広百年記念館 1983~現在 31号91 B5A4 友の会で販売0155-24-5352
持田さん
石狩浜海浜植物保護センター調査研究報告
石狩浜海浜植物保護センター 2006~現在 10号8 A4 ウェブで公開中(非売品)
内藤さん
えりも研究-えりも町郷土資料館調査研究報告
えりも町郷土資料館・水産の館 2004~現在 10号28 A4 購入はサイトのメールアドレスから(1冊500円)
中岡学芸員

総論文数6719本中、現在2428論文紹介中

論文PDFダウンロードランキング発表中


※各論文の権利は、著者・発行施設が有していますので、ご配慮ください。有償・営利での利用はしないで下さい。
※関係者のご尽力に深謝致します。各雑誌は現在も販売しているので(一部絶版)、興味があるものがありましたら、購入も検討いただければと思います。

↑ページトップへ